So-net無料ブログ作成
-| 2011年11月 |2011年12月 ブログトップ

恋愛体質と依存症の違い [まゆみの えいご教材]

恋愛体質と依存症とは

恋愛体質とは常に恋愛・出会いを求めている人で、現在恋人が居ても更に好みの人・今より良い人などを探している人。
男女関係なく特に運命、特別、劇的という言葉やニュアンスを好む傾向があります。そして相手に幻滅するのも早いです。
簡単に言うと惚れっぽく自分に都合良く考える脳の状態、でしょうか。
相手の親切などを全て「自分はこの人に(異性として)好意を持たれている?」と取り違えることが多いので、重度の人はちょっとのやり取りで好きになってしまったり、好かれていると錯覚します。
その為すぐ心(恋愛対象)が移り、なまじ行動力があると短期間で告白やプロポーズをすることもあり、結果、当然失敗や長続きせず別れることが多いです(もちろん例外はあります・・・それこそ運命やも)。
恋愛依存症との違いは「現在、恋人・伴侶が居ることで満足するか否か」
もちろん、不仲の状態に陥った時は第三者がよく見えたり心が移ることはいくらでもあり得ますが、恋愛体質は劇的なものへの憧れが強いので「シンデレラシンドローム」などを含む傾向が見られます。
※シンデレラシンドローム=いつか私にも王子様(またはお姫様)が・・・!という夢。中年以降になっても少女的発想を持ち続ける(信じ続ける)独身者に多く、中には結婚しても配偶者ともかく王子様/お姫様を待ってる人もいます。
よって”恋人が居ることで心が安定する”=恋愛依存症とは厳密には違い、恋人が居ても居なくても"常に恋を探している"=錯覚が大部分を占める脳の状態。また色んな異性を"味見"してみたいという性質(特に男性に多い)。
ただし恋愛依存症の方が精神状態が不安定ですので、実は恋愛体質の方がまだ改善(回復)の見込みがあります。
幼少、親に愛されている"実感"が乏しかった人は成長しても不安傾向を持ちますから、恋愛依存症の比率が高く、より重度の人は依存性人格障害の分類に入ります。
恋愛体質のひとが、相手の親切を恋愛に変換して考えている時点で心の成長が未発達とも言えます。
親切=モラル・道徳心から来るもの、礼儀など色々あり得ますので・・・
ちなみに恋愛体質は一時的なことが多いので心配は要らないようです。

恋愛の上手と下手の分かれ目 [出会いサイト]

恋愛の上手と下手の分かれ目

”恋愛上手”とか”恋愛下手”とかいう言葉を耳にしますが、具体的にどういう人が上手で、どういう人が下手、になるのでしょうか??

本気になり過ぎず、自分の本性を巧みに隠し、相手の心を誘導し、緊張感を楽しんだり、深入りする前に引き際を弁えたり。
巧みな駆け引きと話術により、自分の手持ちのスタイルと相手の思惑を闘わせ、見栄とプライドを勝ち取る恋愛ゲームならば、
上手・器用、下手・不器用ということになります。

自分を不器用だとか下手だとか言う人に限って、それを案外自己正当化の言い訳にしています。
まるで器用な人間は皆小手先だけで、気持ちに重みがないかのように。
不器用で無口で表現ベタの方が、ドッシリとした温かみと芯の強い純粋さを持っているのだと誇らしげに言いたげなように。

でも、恋愛は元々上手下手を問うものじゃなく、器用不器用を評価するものでもないが、理由にする前に、突き動かされるほどの恋愛ならば熱意や誠意は伝わるはずです。
下手・不器用を理由に丁寧なプロセスを省いたり、怠ったりして上手くいくはずなどない。
結局その自分の言葉や態度が自分達の関係に跳ね返ってくるだけだから、気持ちをきちんと表現しないと。

それとは別に、恋をすると誰でも自分と相手のことで精一杯で、相手のことが好きであればあるほど、コントロールが利かなくなってしまったりします。
でも、恋って相手に自分を合わせるだけのものではないでしょう。
嫌われたくないばっかりに、相手の顔色を見たり、ご機嫌を取ったり。
恋愛って犠牲だと勘違いしてない?
「無理ができる」それが恋愛のバロメーターだとも思ってない?
無理しても愛せるから・・・究極な愛だ!なんて一人で自分の恋愛にヒタヒタ~っと浸ってませんか?

そこが、本当の恋愛上手と恋愛下手の違いです。
そしてそのボーダーラインは、好きな人と居なくても、時間を持て余すことがなく、楽しめるかどうか。
言い換えればそれはきちんと精神的に自立できているかどうかということ。
一人でもちゃんと楽しめることが基本、だけど二人でいるともっと楽しいから恋愛は素晴らしいと思えるのです。
相手に求めるものが多過ぎず、かといって独りでも良いなんて、意地を張らない。
それが出来て始めて、相手をきちんと尊重して、自分も二本の足で立つ。
どちらかに寄りかかるのではなく、どちらかが我慢するのでもない。
そこに恋愛の基本があるのです。
そしてもうひとつ大事なことは、ちゃんと自分を持っていること、自分を好きでいること。
自分のことが好きでもないのに、相手を好きになることなんて、ましてや幸せにすることなんてできないのですから。
恋愛上手は、自分を大切にできる人です。
だからこそ、相手も大切にできる余力もあるし、相手に求め過ぎることもないんです。

片思いからの出合い [まゆみの えいご漬け]

片思いからの出合いで両思い恋愛になった人
「片思いから両思いになった人いますか!?また両思いになったきっかけを聞かせて下さい☆ 」
ある恋愛サイトで質問したら、ナイスなお答えを頂きました。

「私はある男の子を好きになりました。
その男の子は別の女の子に片思い中で、その女の子には彼氏がいました。そのときのことをお話しますね。

その男の子は片思いなので、告白しようともせず「彼女が幸せならそれで良い」って言っていました。
普通なら、私は「その子のことは諦める。ラッキー♪」なんて思うと思います。
でも、なぜかむなしくて、「応援してあげなきゃ。」って思いました。
それかというもの、メールで相談によくのるようになりました。
不思議なものでした。
好きな人の恋を応援するなんて今まで思ってなかったので…。
でもその男の子は好きな女の子にメールすることはありませんでした。
理由はわからないですが…。
その男の子とは、部活も一緒、よく遊んだりもしていました。
すごく楽しかったです。
「このまま互いに大切な友達でいたほうがいいかもしれない」とも思いました。
でもやっぱりその男の子が好きな子のことを話すと、モヤモヤしました。
その状態で出合い4ヶ月経ちました。
その頃になるとその男の子も好きな子の話することなくなりました。
が、「もういい」って好きな子のこと諦めたかと思わせる言葉を言い始めました。
「どうせ彼氏いるからさ。俺には出合い無理なんだよ・・・。」
正直、カチンと来ましたね。
「彼氏がいるからなんだ!行動もしないまま弱音はいて?それっぽっちの恋だったの?」とその男の子に言ってやりましたよ。
いくらその男の子を私が好きでも、それはおかしいと思いましたから。
するとその男の子は、「お前がそういうならけじめつけてくる」と言ってメールをいったん辞めました。

それからまもなくメールが返ってきて、「告白してきたよ、無理だったけど…。けじめはつけてきた」と言ってきました。

やっぱり無理だったらしいです。彼氏がいるからと…。
あんなにきつく言わなくてもよかったかなと後悔しましたね。
でもその男の子は、「ありがとう!もう未練はないから!」と言ってくれました。
嬉しかったデスネ。
それからというもの、私はその男の子に自分の気持ちをいうことはありませんでした。
この関係を壊したくなかったから…。
その男の子と恋愛し始めてから、7ヶ月経ったある日「好きな子いないの?」という話題になりました。
私は「いるにはいるけど…。」と私は言いました。その子は「誰?」と聞いてきました。
言おうか言わないか迷って返信に困ってると、その男の子から「もしよかったら、付き合ってくれませんか?」
とメールが来ました。私の答えはもちろん「はい。」。
そこから付き合いがスタートしました。
付き会っている最中、「うちでよかったの?あ、もしかしてあの子の代わり?笑」と冗談で聞いてみました。
彼は真剣に「違うから」と言ってきました。
そして、
「その子に告白はしたけど、お前が告白しろ的なこと言うから、未練残るよりいいと思って告白した」
「もうあの時から気になってたのは確かだよ」と言ってくれました。

幸せでした。それからというもの喧嘩はするし、なんだかんだしますけど互いによくわかってます。
なんかつまらない話してしまいましたね;すみません。
最後に…
私と喧嘩別れした時、好きだった女の子から告白されたみたいです。「彼女いるから」と断ってくれたみたいです。
昔は何事にもその子優先だったのに今では私を優先に…。あっ、言葉は悪いですけど…;
本当に恋って不思議ですね。これが私のきっかけです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

-|2011年11月 |2011年12月 ブログトップ